ニコニコ

私の中学高校時代のあやまちのひとつは、なんとなくすごしていれば、
こんな風な甘酸っぱいドラマに巻き込まれるのではないかと淡く期待していた点である。
言うまでも無く、彼に物語など用意されていなかったのである。